業績一覧

原著論文

  1. 木村洋介, 小川愛実, 三田彰, マーカレスで非接触なセンサを用いた住宅内での動作予測に関する研究, 日本建築学会技術報告集, Vol. 26, No. 63, pp. 793-797, 2020.
  2. 木村拓未, 小川愛実, 三田彰, 待機行動を組み込んだ家庭用ロボットの居住空間内経路計画, 日本建築学会技術報告集, Vol. 26, No. 62, pp. 407-411, 2020.
  3. 小川愛実, 三田彰, 居住空間における歩行見守りロボットの有用性の検証, 日本建築学会環境系論文集, Vol. 83, No. 752, pp. 801-810, 2018.
  4. Ami Ogawa, Akira Mita, Ayanori Yorozu, Masaki Takahashi, Markerless Knee Joint Position Measurement Using Depth Data during Stair Walking, Sensors, Vol. 17, No. 11, p. 2698 (18 pages), 2017.
  5. 小川愛実, 三田彰, 生命化建築のための深度データを用いた居住者の行動の分類と行動認識に関する研究, 日本建築学会環境系論文集, Vol. 81, No. 722, pp. 403-410, 2016.

  6. 他 論文提出査読中 3編
    他 論文執筆中   主筆 2編

招待講演

  1. 小川愛実, 健康をデザインする住宅―日常生活での予防医療の実現を目指して―, 長崎リハビリテーション病院院内講演会, (長崎, 2020.2.26).

国際会議論文

  1. Ami Ogawa, Akira Mita, Performance of a Sensor Agent Robot in a Real Living Environment for Monitoring in Houses, Proceedings of International Conference on Smart, Sustainable and Sensuous Settlements Transformation, pp. 35-40, 2018.
  2. Ami Ogawa, Akira Mita, Christos Georgoulas, Thomas Bock, A Face Recognition System for Automated Door Opening with parallel Health Status Validation Using the Kinect v2, Proceedings of the 33rd International Symposium on Automation and Robotics in Construction, pp. 132-140, 2016.
  3. Ami Ogawa, Ayanori Yorozu, Akira Mita, Masaki Takahashi, Thomas Bock, Extraction of Stair Walking Parameters in Living Space by Using Kinect v2, Proceedings of CIMTEC 2016 “Advances in Science and Technology”, Vol. 100, pp. 166-171, 2016.
  4. Ami Ogawa, Ayanori Yorozu, Akira Mita, Masaki Takahashi, Christos Georgoulas, Thomas Bock, Consistency Verification of Marker-Less Gait Assessment System for Stair Walking, Proceedings of IWBBIO 2016 “International Conference on Bioinformatics and Biomedical Engineering”, pp. 653-663, 2016.
  5. Ami Ogawa, Akira Mita, Ayanori Yorozu, Masaki Takahashi, Gait parameters extraction by using mobile robot equipped with Kinect v2, Proceedings of SPIE “Sensors and Smart Structures Technologies for Civil, Mechanical, and Aerospace Systems 2016”, Vol. 9803, p. 980307 (13 pages), 2016.
  6. Ami Ogawa, Akira Mita, Thomas Bock, A Novel Knee Position Acquisition and Face Recognition System Using Kinect v2 at Entrance for Fatigue Detection and Automated Door Opening, Proceedings of the CIB*IAARC W119 CIC 2015 Workshop “Advanced Construction and Building Technology for Society”, pp. 32-38, 2015.
  7. Ami Ogawa, Akira Mita, Recognition of human activities using depth images of Kinect for biofied building, Proceedings of SPIE “Sensors and Smart Structures Technologies for Civil, Mechanical, and Aerospace Systems 2015”, Vol. 9435, p. 94351U (8 pages), 2015.

国内学会発表

  1. 小川愛実, 三田彰, 階段歩行における非接触型センサによる運動学的歩行パラメタの推定, LIFE2019, 神奈川, 2019.9.14口頭.
  2. 小川愛実, 木村洋介, 三田彰, 非接触センサを用いた定常歩行動作および立ち上がり動作の予測, 2019年度日本建築学会大会(北陸), 石川, 2019.9.6口頭.
  3. 小川愛実, 三田彰, 佐藤貢一, 石井喬之, 床反力データを用いない下肢関節角度を入力とした膝関節モーメント推定, Dynamics and Design Conference 2019, 2019.8.30口頭.
  4. 小川愛実, 三田彰, たわみ角法を用いた定常歩行時の膝関節モーメントの推定に関する基礎検討, 第58回日本生体医工学会大会, 沖縄, 2019.6.8ポスター.
  5. 小川愛実, 三田彰, 居住空間における見守りロボットの人追随に関する研究, 2018年度日本建築学会大会(東北), 宮城, 2018.9.5口頭.
  6. 木村拓未, 小川愛実, 三田彰, 家庭用ロボットの親和性の高い追従動作に関する研究, 2017年度日本建築学会大会(中国), 広島, 2017.8.31口頭.
  7. 木村洋介, 小川愛実, 三田彰, 深度情報を用いた部位毎の身体活動量測定に関する研究, 2017年度日本建築学会大会(中国), 広島, 2017.8.31口頭.
  8. 小川愛実, 三田彰, 深度データを用いた歩行時の膝関節角度推定, 2017年度日本建築学会大会(中国), 広島, 2017.8.31口頭.
  9. 小川愛実, 三田彰, 深度データを用いた歩行情報の抽出と歩行分析, 2016年度日本建築学会大会(九州), 福岡, 2016.8.24口頭.
  10. 貴家蓉子, 中川千紗都, 小川愛実, 三田彰, 生命化建築のためのKinectを用いた歩行情報取得システムの提案(関東), 2015年度日本建築学会大会, 神奈川, 2015.9.6口頭.
  11. 小川愛実, 松浦恒大, 三田彰, 生命化建築のためのデータ管理に関する研究, 2015年度日本建築学会大会(関東), 神奈川, 2015.9.4口頭.
  12. 中川千紗都, 小川愛実, 三田彰, 生命化建築のためのKinectの深度情報を用いた建築空間内における人の行動認識, 2014年度日本建築学会大会(近畿), 神戸, 2014.9.13口頭.