業績一覧

原著論文

  1. Yuta Kawasaki, Ami Ogawa, Hidetoshi Takahashi, Force Plate with Simple Mechanical Springs and Separated Noncontact Sensor Elements, Sensors, Vol. 21, No. 21, p. 7092 (12 pages), 2021.10.
  2. Ami Ogawa, Hirotaka Iijima, Masaki Takahashi, Staircase Design for Health Monitoring in Elderly People, Journal of Building Engineering, Vol. 37, 2021.5.
  3. 渡部敬太, 小川愛実, 三田彰, 居住者とロボットとのコミュニケーションを促進する居住者の行動パタンに基づく家庭用ロボットの最適待機場所推定, 日本建築学会計画系論文集, Vol. 85, No. 778, pp. 2529-2538, 2020.12.
  4. 武田佳奈子, 小川愛実, 三田彰, 家庭用ロボット導入のための運動学的パラメタを用いた90°方向転換動作の予測, 日本建築学会環境系論文集, Vol. 85, No. 778, pp. 1027-1036, 2020.12.
  5. 木村洋介, 小川愛実, 三田彰, マーカレスで非接触なセンサを用いた住宅内での動作予測に関する研究, 日本建築学会技術報告集, Vol. 26, No. 63, pp. 793-797, 2020.
  6. 木村拓未, 小川愛実, 三田彰, 待機行動を組み込んだ家庭用ロボットの居住空間内経路計画, 日本建築学会技術報告集, Vol. 26, No. 62, pp. 407-411, 2020.
  7. 小川愛実, 三田彰, 居住空間における歩行見守りロボットの有用性の検証, 日本建築学会環境系論文集, Vol. 83, No. 752, pp. 801-810, 2018.
  8. Ami Ogawa, Akira Mita, Ayanori Yorozu, Masaki Takahashi, Markerless Knee Joint Position Measurement Using Depth Data during Stair Walking, Sensors, Vol. 17, No. 11, p. 2698 (18 pages), 2017.
  9. 小川愛実, 三田彰, 生命化建築のための深度データを用いた居住者の行動の分類と行動認識に関する研究, 日本建築学会環境系論文集, Vol. 81, No. 722, pp. 403-410, 2016.

招待講演

  1. 小川愛実, 健康をデザインする住宅―日常生活での予防医療の実現を目指して―, 長崎リハビリテーション病院院内講演会, (長崎, 2020.2.26).

国際会議論文

  1. Ami Ogawa, Kanako Takeda, Akira Mita, Extraction of Parameters for 90-degree Turn Prediction Using the IMU-based Motion Capture System, Proceedings of 8th Asia-Pacific Workshop on Structural Health Monitoring, 18(2021), pp. 241-248, 2021.
  2. Nene Sugimoto, Ami Ogawa, Akira Mita, Changes in Center of Mass during Preliminary motion for Prediction of Direction change, Proceedings of 8th Asia-Pacific Workshop on Structural Health Monitoring, 18(2021), pp. 287-293, 2021.
  3. Akira Mita, Keita Watanabe, Ami Ogawa, Optimal Waiting Position of a Home Robot for Risk Communication Considering Behavior Patterns of an Occupant, Proceedings of 8th Asia-Pacific Workshop on Structural Health Monitoring, 18(2021), pp. 211-216, 2021.
  4. Ami Ogawa, Akira Mita, Performance of a Sensor Agent Robot in a Real Living Environment for Monitoring in Houses, Proceedings of International Conference on Smart, Sustainable and Sensuous Settlements Transformation, pp. 35-40, 2018.
  5. Ami Ogawa, Akira Mita, Christos Georgoulas, Thomas Bock, A Face Recognition System for Automated Door Opening with parallel Health Status Validation Using the Kinect v2, Proceedings of the 33rd International Symposium on Automation and Robotics in Construction, pp. 132-140, 2016.
  6. Ami Ogawa, Ayanori Yorozu, Akira Mita, Masaki Takahashi, Thomas Bock, Extraction of Stair Walking Parameters in Living Space by Using Kinect v2, Proceedings of CIMTEC 2016 “Advances in Science and Technology”, Vol. 100, pp. 166-171, 2016.
  7. Ami Ogawa, Ayanori Yorozu, Akira Mita, Masaki Takahashi, Christos Georgoulas, Thomas Bock, Consistency Verification of Marker-Less Gait Assessment System for Stair Walking, Proceedings of IWBBIO 2016 “International Conference on Bioinformatics and Biomedical Engineering”, pp. 653-663, 2016.
  8. Ami Ogawa, Akira Mita, Ayanori Yorozu, Masaki Takahashi, Gait parameters extraction by using mobile robot equipped with Kinect v2, of SPIE “Sensors and Smart Structures Technologies for Civil, Mechanical, and Aerospace Systems 2016”, Vol. 9803, p. 980307 (13 pages), 2016.
  9. Ami Ogawa, Akira Mita, Thomas Bock, A Novel Knee Position Acquisition and Face Recognition System Using Kinect v2 at Entrance for Fatigue Detection and Automated Door Opening, Proceedings of the CIB*IAARC W119 CIC 2015 Workshop “Advanced Construction and Building Technology for Society”, pp. 32-38, 2015.</li>
  10. Ami Ogawa, Akira Mita, Recognition of human activities using depth images of Kinect for biofied building, Proceedings of SPIE “Sensors and Smart Structures Technologies for Civil, Mechanical, and Aerospace Systems 2015”, Vol. 9435, p. 94351U (8 pages), 2015.

国際会議発表

  1. Naohiro Haraguchi, Ami Ogawa, Akira Mita, A comprehensive analysis of sit-to-stand movement in a living space involving principal component analysis, 2021 IEEE 17th International Conference on Automation Science and Engineering (CASE), Virtual, 2021.8.25, Oral.   
  2. Momoko Kokubu, Ami Ogawa, Akira Mita, Evaluation of Sitting Posture Based on Joint Torque Estimation Using Non-Contact Markerless Sensors, 2020 42nd Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC), Virtual, 2020.7.20, Poster.   発表スライドへ
  3. Rintaro Fukuba, Ami Ogawa, Akira Mita, Proposal and Evaluation of Concentration Estimation Method Using PC Built-in Camera, 2020 42nd Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC), Virtual, 2020.7.20, Poster.   発表スライドへ

国内学会論文

  1. 小川愛実, 三田彰, 階段歩行における非接触型センサによる運動学的歩行パラメタの推定, LIFE2019, 神奈川, 2019.9.14口頭.
  2. 小川愛実, 三田彰, 佐藤貢一, 石井喬之, 床反力データを用いない下肢関節角度を入力とした膝関節モーメント推定, Dynamics and Design Conference 2019, 2019.8.30口頭.

国内学会発表

  1. 山根萌恵子, 小川愛実, 三田彰, 夜間の住宅階段における足元照明設計指針の提案, 2021年度日本建築学会大会(東海), pp. 491-492, 愛知, オンライン開催.
  2. 原口直大, 小川愛実, 三田彰, 主成分分析を用いた居住空間における立ち上がり動作の包括的分析, 2021年度日本建築学会大会(東海), pp. 207-208, 愛知, オンライン開催.
  3. 國分萌々子, 杉本寧々, 小川愛実, 三田彰, 重心に着目した人の方向転換動作の予測, 2021年度日本建築学会大会(東海), pp. 81-82, 愛知, オンライン開催.
  4. 松並侑理絵, 小川愛実, 三田彰, 視環境を考慮した照明制御手法の提案, 2021年度日本建築学会大会(東海), pp. 523-524, 愛知, オンライン開催.
  5. 末富友梨奈, 小川愛実, 三田彰, 仮想縁側空間を組み込んだ部屋による気軽な繋がりの創出, 2021年度日本建築学会大会(東海), pp. 619-620, 愛知, オンライン開催.
  6. 堀田航, 望月凌, 小川愛実, 三田彰, 狭い居住空間に対応可能な家庭用ロボットの形状検討および滞在位置計画手法の提案, 2021年度日本建築学会大会(東海), pp. 1179-1180, 愛知, オンライン開催.
  7. 鈴木啓仁, 田中若奈, 小川愛実, 三田彰, 呼吸誘導を利用した動的照明制御の癒し効果に関する研究, 2021年度日本建築学会大会(東海), pp. 521-522, 愛知, オンライン開催.
  8. 小川愛実, 立ち座り動作の質的評価, 第60回日本生体医工学会大会, オンライン, 京都, 2021.6.18ポスター.
  9. 川﨑裕太, 小川愛実, 高橋英俊, センサ素子とばねに分離した可搬型フォースプレートの開発, ロボティクス・メカトロニクス講演会2021, 2P2-I01, オンライン, 大阪, 2021.6.8ポスター.
  10. 吉岡圭佑, 朝倉巧, 倉科佑太, 小川愛実, リチウムナイオベートを用いた超音波噴霧に関する基礎的検討, 日本音響学会2021年春季研究発表会, , 2021.3.11ポスター.
  11. 小川愛実, 渡部敬太, 三田彰, 人とロボットとのコミュニケーションを考慮した人の行動パターンに基づく家庭用ロボットの適切な滞在位置推定, 2020年度日本建築学会大会(関東), pp. 1133-1134, 千葉, 梗概掲載のみ.
  12. 國分萌々子, 小川愛実, 三田彰, 非接触かつマーカレスなセンサを用いた関節トルクの推定および座位姿勢の力学的評価, 2020年度日本建築学会大会(関東), pp. 207-208, 千葉, 梗概掲載のみ.
  13. 武田佳奈子, 小川愛実, 三田彰, 見守り支援ロボット導入のための運動学的パラメタを用いた方向転換動作の予測, 2020年度日本建築学会大会(関東), pp. 149-150, 千葉, 梗概掲載のみ.
  14. 福場凛太郎, 小川愛実, 三田彰, PC内蔵カメラを用いたリアルタイム集中力推定手法の提案と評価, 2020年度日本建築学会大会(関東), pp. 209-210, 千葉, 梗概掲載のみ.
  15. 小川愛実, 木村洋介, 三田彰, 非接触センサを用いた定常歩行動作および立ち上がり動作の予測, 2019年度日本建築学会大会(北陸), pp. 153-154, 石川, 2019.9.6口頭.
  16. 小川愛実, 三田彰, たわみ角法を用いた定常歩行時の膝関節モーメントの推定に関する基礎検討, 第58回日本生体医工学会大会, 沖縄, 2019.6.8ポスター.
  17. 小川愛実, 三田彰, 居住空間における見守りロボットの人追随に関する研究, 2018年度日本建築学会大会(東北), pp. 73-74, 宮城, 2018.9.5口頭.
  18. 木村拓未, 小川愛実, 三田彰, 家庭用ロボットの親和性の高い追従動作に関する研究, 2017年度日本建築学会大会(中国), pp. 67-68, 広島, 2017.8.31口頭.
  19. 木村洋介, 小川愛実, 三田彰, 深度情報を用いた部位毎の身体活動量測定に関する研究, 2017年度日本建築学会大会(中国), pp. 29-30, 広島, 2017.8.31口頭.
  20. 小川愛実, 三田彰, 深度データを用いた歩行時の膝関節角度推定, 2017年度日本建築学会大会(中国), pp. 31-32, 広島, 2017.8.31口頭.
  21. 小川愛実, 三田彰, 深度データを用いた歩行情報の抽出と歩行分析, 2016年度日本建築学会大会(九州), 福岡, pp. 17-18, 2016.8.24口頭.
  22. 貴家蓉子, 中川千紗都, 小川愛実, 三田彰, 生命化建築のためのKinectを用いた歩行情報取得システムの提案, 2015年度日本建築学会大会(関東), pp. 735-736, 神奈川, 2015.9.6口頭.
  23. 小川愛実, 松浦恒大, 三田彰, 生命化建築のためのデータ管理に関する研究, 2015年度日本建築学会大会(関東), pp. 27-28, 神奈川, 2015.9.4口頭.
  24. 中川千紗都, 小川愛実, 三田彰, 生命化建築のためのKinectの深度情報を用いた建築空間内における人の行動認識, 2014年度日本建築学会大会(近畿), pp. 107-108, 神戸, 2014.9.13口頭.

寄稿

  1. 小川愛実, 住む人が健康になる住宅 -予防医療を実現する住宅システムの構築-, ベース設計資料 No.187建築編 pp. 51-55, 2020.12.